マイはしとは?

image マイはしとは「マイ箸」といえば分かりやすいでしょうか。自分で使うお箸です。今は地球に優しくするという エコいわるゆるエコロジーがブームです。その一環として有名な取り組みは「エコカー」ですよね。地球環境汚染 の原因となる排気ガスのCO2を削減する車です。最近はお箸も注目されていて、森林伐採によるO2減少を防ぐという 兼ね合いから割り箸の需要を減らし、自分で箸を持つという「マイはし」が密かに注目されているのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

日本は割り箸大国

image 日本は輸入大国です。言い換えれば自分の国で生産することをしません。生産しないわけではありませんね、する技術 はあっても作る気がないのです。外国で作った方が安く済みますから。いろんなものをコストの安い外国から輸入す るのです。それは割り箸も例外ではありません。日本の割り箸消費量は1年間で1人あたり200膳使うそうです。単純計算 しても3,4日に1本は使っている計算ですね。すごい消費量じゃありませんか?それほど日本人は割り箸を使っているのです。

エコロジーの一環としてのマイはしの役割

エコロジーといえば先ほど述べたエコカー、エコバック、マイはし。行動で言えばアイドリングストップ。ごみの分別 問題と似ていますが、一人がやったところで対して変化はありません。しかし、環境保護をみんなが意識することで 大きな力となるのです。マイはしはほんの小さな動きではありますが、皆がやれば大量の02を生むことができるのです。 私の娘の保育園でも当然のようにマイはしです。子供がやっているんだから、大人も出来ないことないですよね。大人 は子供の見本となるべき存在なのですから。

なぜマイ箸なのか

当然それだけの割り箸を使っている国は他ではありません。当然といえば当然です。箸は日本の文化ですから。 その箸は殆どと言ってよいほど中国からの輸入です。中国の安い人件費、原材料費を使い、どんどんおはしを 作らせているのです。中国にとっての社会貢献になる面はよしとして、環境面ではどうでしょう?決してよい とはいえませんよね。そこで考え出した結論が「マイはし」なのです。家の箸は何回も洗って使いますよね。 そう考えればマイはしというのもおかしいことはありません。ただ持つのではなく最近はかわいい箸袋なども 色々作られています。おしゃれにマイはし!男性は女性に受けがいいアイテムになりそうですよ!

エコロジー マイはし