ゴルフ肘・テニス肘とは

ゴルフ肘サポーター ゴルフ肘とは正式名称は上腕骨内側上顆炎です。肘に内側上部が痛くなる症状を指します。似たような症状にテニス肘、野球肘があります。こちらは上腕骨外側上顆炎という名称です。スポーツの名前がついているように、スポーツ障害の一種です。肘の内側と外側は手首を動かしたり、左右に回したりする筋肉の付着しているところです。スポーツなどで繰り返し筋肉が収縮し引っ張られます。そこで炎症を起こすのです。特にゴルフをしている人に多いのでそうなずけられました。

★ゴルフ肘強力サポーター!「ドクターエルボー」★

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ゴルフ肘はゴルフだけではない!

ゴルフ肘サポーター ゴルフをしていない人でも、お医者さんで「ゴルフ肘」と診断されることがあります。特に主婦におおいです。それは日常の家事による疲労が原因で、やはり同じ動作を繰り返すことで炎症を起こします。手に力が入らなくなったり、痛みでものがもてなくなったりします。女性の場合はホルモンバランスの影響もあるとされています。

ゴルフ肘の治療

いわるる腱鞘炎ですから、一番よいのは安静です。しかし、肘は毎日の動作でどうしても使用してしまう部分なので、なかなか安静にできないのが現状です。接骨院や整形外科などの専門機関では、電気療法、リハビリ的なストレッチ運動を治療の一環として取り入れています。そのままほおっておくと、その周りの筋肉にまで影響があり、痛みの範囲が広がってしまいます。自分の回復力を増すために鍼灸治療を施すのも効果を見込めます。

ゴルフ肘のサポーター

左記の治療だけでは改善が見込まれないことがあります。要は安静にできないために治りが遅いのです。慢性化してしまうのですね。そんな方にうってつけなのが、「テニスエルボー」とよく呼ばれる肘用サポーターです。名前は「テニスエルボー」ですが、もちろんゴルフ肘、野球肘にも使用できます。原理がおなじですからね、想像以上の効果があります。どうしても仕事で腕を使わなければならない方、主婦の方、どうしてもゴルフの練習をしたい方(笑)、これは試す価値ありです!見本は下記リンクからどうぞ。


★ゴルフ肘強力サポーター!「ドクターエルボー」★

ゴルフ肘のケア