肘の黒ずみの原因

image ひじは関節の外部に触れる機会が多い部位です。触ると分かりますが、皮膚が厚くシワも多い。これは、近くを通る血管や軟部組織を守るようにそのような構造になっています。摘んでも痛みがないくらい皮膚の角質が硬く、厚くできているのです。ひじの黒ずみが出る原因は何回も繰り返しつく動作にあります。思い当たる節はありませんか?よく肘をつく人ほど、摩擦によって皮膚の角質がさらに厚くなり、色素沈着をおこし黒ずみとなるのです。

肘の黒ずみ対策は楽天で

保湿に最適なお茶のローション

肘をよくつくと黒ずみになる

image 喫茶店で普段からよく肘をついてしゃべっている人いますよね?ドラマなどでよく出ています。昔のアイドルなどは写真集でよくあのポーズをしていました。かわいく見えるんですよね。それを真似していた人たちが、今頃ひじに黒ずみができている人が多いのではないでしょうか。それは冗談として、その肘をつくポーズがよくないのです。その積み重ねが色素沈着を生み、黒ずみができてしまうのです。

角質除去クリームと黒ずみ

ひじの余分な皮膚は血管や軟部組織を守るための角質だと先ほど述べました。その角質が黒ずんでいるのだから、角質を薄くしてくれるクリームがあればいいと思いませんか?車でいえば「コンパウンド」みたいなものです。ちゃんとあるんです。「角質除去クリーム」なるものが・・・これを毎日塗ると段々白さを取り戻すことができます。しかし、これには弱点もあるのです。擦りすぎるとまた黒ずみが出てきてしまいます。しかし上手く使えばきちんと手助けしてくれますよ!

肘の黒ずみ除去方法

1.まずはひじをつくのを止める2.身体を洗うときなどにひじを必要以上に擦らない。3.保湿をしっかりやること。この3番目の「保湿」が一番大事です。角質除去クリームやスクラブ、保湿クリームを根気よく、毎日塗るのです。これは地道な作業ですが、かなり効果があります。最近うわさでよいといわれているのが、ハウスオブローゼの「Oh!Babyボディースムーザー」と呼ばれる商品です。これをお風呂で体を洗った後に塗り、上がった後に保湿クリームを塗るだけであなたのひじも真っ白に!ぜひお試しあれ!

肘の黒ずみ対策室