膝に水が溜まるメカニズム

image 膝に水が溜まるという症状をたまに聞きます。水がたまると痛みをともなう場合と、そうでない場合があるようです。膝の関節のメカニズムを簡単に説明すると、関節を包んでいる関節包、その中に関節腔という空洞があり、骨と骨の間の潤滑油として関節液が入っています。ついでに言うと更にクッションの代わりになるゴムのような半月板があります。これはスポーツ選手がよく損傷する場所ですね。半月板損傷というやつです。関節液は潤滑油の役割の他にも、骨に栄養を与える役割も担っています。その関節液がたまり過ぎるのが「水が溜まる」ということなのです。

膝を守り歩行を妨げないサポーター

膝を守るためのサポーターは楽天

膝の水は関節液

image 正確には体液なので水ではないんですけどね。なぜ水が溜まるのかというと、関節部で炎症を起こしているからなのです。本来少量でよいはずの液が、炎症を起こすことでずんずん溢れてきてしまうのです。なんでもやりすぎは良くないですよね。当然、関節包は袋ですから膨らみます。これが大きくなると痛みをともなったりするのです。

膝の水を抜くと癖になる

これはお医者さんに言わせると間違った見解だそうです。先程も書きましたが、原因は関節の炎症が多いです。つまりそれによって関節内に水が溜まりそれを抜いたとしても、原因を取り除いたわけではないですので再度水はたまり易い状態にあります。そのまま炎症が続けば、また水はたまりますよね。お分かりになりますか。原因を絶たなければまたなりやすいということであって、癖になるのとは少し違うということです。そうなると、その炎症を抑えるような治療をしなければなりません。それが再発を防止する上で一番重要なことになります。

膝の水がた溜まった時の治療

カイロプラクティックや東洋医学などの世界では、これらの液がたまるのは炎症を鎮めるためであるから、この水は抜いてはいけないと教えているところもあるそうです。西洋医学では当然のごとく水は抜きます。どちらがいいといわれても、どちらを信じるかってとこですよね。物理的なことをいいますと、痛みがあるうちにほうっておくのは難しいと思います。水を抜けば痛みが取れるのが分かっているのですから。抜いた後に運動療法をやるのが一番最善の道かと思います。重要なのは膝を守ってくれる周辺の筋肉をつけることです。筋肉をつける方法は色々あるでしょうが、一番負担がかからない水泳や水中ウォーキングがお勧めです!時間は掛かるかも知れ ませんが、自分の体です!自分の体くらい自分が大切にしてあげましょう!

膝に水が溜まる