フローリングの寿命

image フローリングにも寿命があります。もちろん使い方や手入れの仕方によって寿命も変わってきますが、普通に手入れしていれば10年はもつといわれています。実際のところはもっと使っている人が大半でしょうけどね、住宅会社の発表する数字はそのくらいということです。フローリングは床ですから、普段からほこり等がついたらフローリング用のクイックルワイパーなどで掃除をし、傷がついたらワックスで傷を修復する。車と同じですね。手入れがよければれば長持ちします。

フローリングの材料なら楽天

フローリングリフォームのことなら楽天

フローリングの張り替えが必要な場合

image 多少のクボミ程度ですと、フローリング用のクレヨンで埋めて、ワックスで仕上げればかなり修復できますが、ワックスをかけても取れないようなひどい傷が目立つ状態や、めくりあがってきている状態などは、張り替えが必要になることもあるでしょう。張り替えなくても「重ね貼り」という方法もあります。元々あるフローリングの上から新しいフローリング材を打ち込むのです。古いのを剥がす手間と、廃材の廃棄費用がかからないので、安価で出来ます。

フローリングを張り替える費用

先程の重ね貼りの場合は、安い製品ですと坪当たり6000円くらいからあります。1坪で板がセットになっている場合が多いので、1坪単価で計算しておくとよいでしょう。工務店に見積もりを出しても、通常8〜10万以内、大工さん直ならもう少し安くなりますよね。まるっきり張替える場合は商品によって値段が変わるのは当たり前です。傷の入ったところだけ部分的に替えることも出来るらしいのですが、同じ商品が取り寄せ出来なければ、逆に目立ちます。通常の1畳あたり1万円が相場です。

フローリングリフォームは自分で出来る!

工務店や大工に頼むと工費が高いので自分でやりたいという人がいますが、実際に出来るみたいです。特別なコンプレッサーなどの機械は要らないといいます。当然時間は掛かりますが、材料を切るのこぎりと、釘を打ち込むポンチがあれば何とかなるそうです。業者に任せれば、しっかりとした仕事をしてくれますが、お金が掛かります。日曜大工が好きな人などにはいいんじゃないでしょうか。今ある和室も洋室に早代わり!フローリングDIY!そんな趣味を持つのもわるくありません。

フローリングの張り替え知識