自転車事故を甘く見ないで

image 皆さんは自転車盗難傷害保険というものがあるのをご存知でしょうか?その前に自転車が「軽車両」という車両扱いなのを知らない人も多いかも知れません。自動車免許を取るときには必ず習います。しかし、免許を持たない人は聞く機会もないでしょう。その車両が事故にあったとき(自転車で自分が怪我した、怪我させた、物を壊したなど)に活躍するのが自転車盗難傷害保険です。自転車だから・・・と軽く考えているとひどい目にあいます。最悪、対人で人が死んでしまったときには、交通刑務所行きです。当然裁判で懲役刑にもなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

自転車盗難保険

image それだけではなく、最近多い盗難に対しても対応してくれます。要は盗まれたら新しいのをくれるということです。これは頼もしいですよね!中学生や高校生の自転車通学をしているお子さんを持つ親にとってみれば心配な話ですよね。ではどのように保険に入ればよいかお教えしましょう。

自動車保険とTSマーク

自動車に乗っている人は、ほとんどの人が任意保険に入っていると思います。必ず入らなければならない自賠責保険だけでは賄えない部分を埋めてくれるのが任意保険です。よく読んでいる人は知っていると思いますが、その中に自転車でもその保険が降りると書いてある保険があります。というより、今はそれが普通です。ただし、強制ではないので、中には入っていない人もいるでしょう。そんな人には「TSマーク」をお勧めします。これは新しい自転車を買ったときにつける保険みたいなものです。その自転車自体にかかりますので、誰が乗って事故をしても適応となります。もちろん今乗っている自転車に付けたいというのもありです。自転車屋に相談しましょう。

自転車傷害保険の比較・値段

自転車盗難傷害保険だけで扱っている保険屋もあります。ただ、昔に比べて減っているのが現状です。それだけ採算が取れないということなのでしょうね。その中でも5、6の保険会社が団体保険も含め扱っています。私が調べた限りでは、あいおい損保、損保ジャパン、セコム、共栄火災、日新火災はやっているみたいですね。保障の額にもよりますが、平均的に1000円〜6OOO円くらいが範囲です。特に1500円近辺がスタンダードですね。その中でも内容を比較すると、損保ジャパンがいいように思えます。ただこれは私の判断なので、興味がある人は資料を取り寄せてみてくださいね。

自転車盗難傷害保険って?