加齢臭の原因

image 加齢臭とは中年の(特におじさんたちに共通している)体臭をいいます。年代的には40歳後半が多いです。若い頃に少し臭いと「加齢臭か?」なんて馬鹿にされたものですが、いざその歳になってみると笑えません(汗)。原因は中年になると「ノネナール」という成分が分泌量が多くなり、それがにおいを出し始めるのです。これは資生堂の研究班が発見したそうです。実は資生堂が名付け親です。当然それにまつわるグッズがそれから出始めました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

女性でも加齢臭が出る

image 印象からおじさんに出ると思っている方が多いでしょうが、女性にも普通に発生します。男性ほど目立ちませんがね、悩んでいる人は大勢います。男性に言っては失礼ですが、女性の悩みのほうが深刻でしょう。これは個人的な意見ですが、その年代の女性が化粧が濃くなるのもそのせいなのかもしれません。特に出るのが頭、脇、足と脂分がよく出やすいところや、影になりやすいところが多いですね。そこをいかに対策するかが鍵です。

加齢臭の防止法

加齢臭の防止法は、身体の中から来るものに対しては、当然「食」に関係があります。脂っこいものばかり、つまりは動物性タンパク質を多くとっている人はにおいが出やすいです。あとはタバコを吸っている人も・・・においを取るか、タバコをとるかって感じですか。日常の生活の中でのストレスも原因のひとつです。ストレスで身体の機能が落ちるからでしょうね。ストレスはその他の病気も発生させる原因になりますから、溜めないように上手くつきあうことです。

加齢臭のグッズ

それだけでは防止できない人には、加齢臭グッズがあります。私が使って一番手軽だと感じたのは「ガム」です。カネボウから出ている「オトコ香る。」がお勧め。これをかみ続けると臭いが減ってきます(これ本当!)。後は順位をつけるなら、石鹸、ボディーソープ、フレグランス、消臭スプレーの順ですかね。一番大切なことは、「加齢臭は元から絶つ」ことです。体の元から絶たなければなかなかなくならないのです。ですのでこの順番になりました。まだまだグッズはありますが、元を絶つこと前提として選ぶことをお勧めします。

加齢臭とガム