カリウムの役割

image カリウムは体内でナトリウムともに細胞内液、外液の浸透圧維持を行っています。そのほかに代謝、神経伝達物質などにも含まれています。カリウムは不足すると、女性が特に気になるむくみ、肌荒れなどがでてきます。食品、サプリメントでほどよくカリウムを取ることで健康を維持できます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カリウムで起こる疾患

image カリウムが過剰になると、代表的なのが「高血圧」になります。ぞくにいう「高カルシウム血症」です。高血圧が関係あるってことは糖尿病やそのほかの生活習慣病にも関与しているといっていいでしょう。腎臓の機能が低下している時にも起こります。カリウムが溜まりすぎるのです。最終的には死まである怖い病気です。逆に不足すると「低カリウム血症」になります。今はダイエットでもカリウムダイエットというのがあるらしいですが、とりすぎで疾患になるケースもあるらしいです。

カリウムがなぜ不足する?

日常のストレスを強く感じている、お酒を飲む、大量の汗をかくなどがあるかたは不足しやすいといいます。基本的にストレスや飲酒は身体によくないのは分かっています。体の自律神経に影響があり、その乱れが内臓の機能を失わせるのです。あとは食べ物では甘いもの好きの人がなりやすいです。これも結構カリウムを失われやすいです。一番いいのはこれらの当てはまることをしなければいいのでしょうけど、なかなかそういう訳にはいかないでしょう。

カリウムをサプリ、食品で摂る

カリウムが不足しがちな人たちに有効なものがカリウムのサプリです。足りないカリウムの成分を少量の錠剤で補ってくれます。錠剤なので飲みやすいのはもちろん、食べるほど面倒さがないので、手軽に摂りたい方はお勧めです。しかし、最終的には食品で摂ることをお勧めします。サプリメントはあくまでも栄養補助食品ですから・・・食品ではバナナ、納豆、ジャガイモ、ほうれん草などに含まれています。他にも含まれている食品がありますから、よかったら調べてみてください。

カリウムのサプリ館