なすのからし漬け

image なすのからし漬けは通称”からしナス”と呼ばれます。スーパーでもできものとして販売していますが、自分でも簡単に 作れることを知っていますか?私のおばあちゃんが昔よく作ってくれたのを思い出します。料理の合間につまむ あのアクセントがたまらないんですよね。父がお酒を飲みませんでしたので、子供の頃はお酒のおつまみになることも 知りませんでしたが、今は程よいお酒の共です。そんななすのからし漬けをご紹介します。

なすからし漬けが売ってます。楽天市場

作るのが面倒な人は楽天

なすのからし漬けを調理して食べる

image なすのからし漬けはそのまま食べても美味しいですが、調理をするとすごいつまみになります。 まづはこの裏技をご紹介。漬物自体を適当に切り、醤油、酒、味醂で炙るようにといいますか、 炒めるというのかな。それだけで美味しいおつまみの出来上がり。これは本当はなすの塩漬け でやるんですけど、からし漬けでも美味しいことを発見しました。一度お為しあれ!

なすのからし漬けの作り方

4〜5人前くらいの感覚で作るとするとまず用意するものは
下漬けになす1kg、塩30g
本漬けにみりん80cc、米麹150g、砂糖200g、濃口醤油100cc、練り辛子50g
1、あく抜き:なすを一口サイズに切ったものを3時間水につける
2、一晩塩でつける:重石をのっけって絞りを入れる。重石はなすの2倍の重さ
3、本漬け:用意した調味料を80゜くらいに熱し、ぶっかける。これがさめてきたところに 仕上げの練りからしを投入。
4、容器に詰めて4,5日待てば出来あがり!

博多なすのからし漬けの簡単レシピ

なすで有名なのに博多なすがありますが、その簡単なからし漬けも紹介します。
1、博多なすをヘタを切り落とし4等分に分けます
2、切ったなすを砂糖と塩を小さじ4杯、粉がらしを大さじ2杯と混ぜる。
3、出来たものを容器に移し、ふたをして冷蔵庫で1日以上放置。
4、食する前に軽く水洗いしてできあがり。
保存は必ず冷蔵庫に。漬け汁が出てくるので、出てきたら半分に減らして保存。 約1週間くらいはもちます。なすの色を良い色で保ちたい時は、塩にミョウバン を混ぜて揉むことでなすの色が綺麗に残るようになります。

なす からし漬け