どうしてたたみにカビが生える?

image たたみは湿気に弱いです。カビが発生する条件としては大きく4つあります。「栄養」「酸素」「温度」「水分」です。この条件が揃ってしまうとかびが発生します。たとえ新築でも関係ありません。とくに新築マンションなどは、建ててから2、3年はコンクリートの渇きが悪く、黴が生えやすい環境下にあるらしいです。一戸建てでも、まったく関係ありません。あと、部屋干しもよくないみたいですね。自分の家はまだ新しいからとタカをくくっていませんか?あなたにもカビの恐怖が迫っていますよ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

たたみのカビが出たらどうする?

image まずは固く絞った雑巾で掃除しましょう。たたみのすじに沿って丁寧に拭きます。特に専用洗剤などはないみたいなのですが定期的に水拭きをするだけで大丈夫です。日ごろから換気をよくしてください。部屋干しをするときは、除湿機やエアコン、扇風機を上手く使って湿気を取り除くきましょう。あと春と秋の天気のよい日に、年に2回くらいは畳干しをしたいですね。それで繁殖は押さえられます。

畳の下に新聞紙!?

さきほどの新築マンションの話ですが、たたみの下に新聞紙を引くといいらしいです。新聞紙はよく水分を取るのに使う人も多いと思いますが、その効果で畳の湿気を取ってくれるのです。上にひたら言いなんていう人もいますが、上に引くと通気性が悪くなるので、時期によってはさらにカビを発生させてしまう要因になりかねません。基本は下にひくです。そして、たたみが嫌だからといってじゅーたんやカーペットをその上にひくのもやめたほうがよいです。理由は先の新聞紙と同じです。新聞をひくときに酢をかけてやるといいという話を聞いたことがあります。理由は分かりませんが、殺菌効果があるのでしょうか・・・

畳のかびはなくならない

一度出たカビはまったくなくなることはありません。ですので本当のところは張替えするのが一番いいです。ただ、築1、2年目で畳を張り替えるなんてことはできないでしょう。ですので、上手くその湿気を調節して、カビの出にくい環境を作るしかないのです。カビが出るようなところには、当然ダニも出やすいです。その環境はダニも好物ですから。こちらも、ダニ取りの掃除機や殺虫剤、天日干しなどをやって防ぐしかないでしょう。一度出てしまったら、常に心がけが大事です。

たたみのカビ対策なら