口内炎という病気

image 口内炎にも種類がありますが、一番多いのはアフタ性口内炎とよばれるものです。アフタ性口内炎=口内炎といって もよいでしょう。細かく言えば、カタル性口内炎、カタル性口内炎、ウィルス性口内炎、かびによる口内炎、 アレルギーの口内炎などもありますが、総称してヘルペスとよく言いますよね。これらは口腔粘膜や舌に出来やすく、 幼児では水疱瘡、ヘルパンギーナなどもあり、痛みや発熱を伴うものもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

幼児が口内炎になる原因

image よくビタミンB2が不足すると出来るなどといいますが、それも一理あります。しかし、それは成人の方が多く、子供たち がなる口内炎は他の理由がおおいそうです。例えば、肥満。これは肥満により太った頬の内側を噛んでしまいできる。虫歯などに より形が変わった歯が噛んでしまうなど大人では考えられない原因もあるのです。もちろんヘルペスもありますが、その中でも 大人からの口移しなどで入ってしまう場合もあるそうです。みなさんやっていませんか?

幼児の口内炎予防

口内炎が出るのには個人差があると思いますが、そのような子供は日頃からお母さんが予防するように気をつけてあげなければ なりません。定番な予防法は、まずは休養。寝不足は何でも敵です。いくら子供だからと言って遊びすぎはよくありません。 次にバランスの良い食事(特にビタミンB群の摂取)。これはお母さんでなければ管理出来ませんよね。3つ目は口内を清潔に 保つ。帰ってきたらすぐうがい、食事の後の歯磨き。これらを徹底させることで、口内炎を最小限に食い止めることが出来るはずです。

幼児には口内炎パッチ

出来てしまったものはしょうががありませんので、長引く場合は病院で医師の診断を受けましょう。そのうえで適切な薬、ビタミン剤 を摂取することをお勧めします。市販の薬では「チョコラBBジュニア」などはどうでしょうか?大人のチョコラも効き目ありますのでね、 ジュニア版も期待できます。そして最後はやはり口内炎パッチ。熱い飲み物、食べ物を口に入れても感じません。これなら痛くて 食事できなかった子供も安心して使えます。1つ注意点は、貼ってから自然に剥がれるまで少々時間が掛かりますので、剥がれた 時にお子さんが飲み込まないようにしてください。

幼児の口内炎