坐骨神経痛の症状とは

image 坐骨神経痛とは腰、お尻からもも、ふくらはぎ、足に通っている坐骨神経がなにかしらの理由で圧迫を受け、その部分にしびれや痛みを発する症状を言います。神経痛なので、症状の軽い人から重い人まで幅広くいますが、しびれ+痛みがくるとどうしようもなく痛いです。しびれ痛いというやつです。立っているのもままならない状態になります。私も立ち仕事をやっているときになりまして、死ぬ思いでした・・・

スポンサードリンク

スポンサードリンク

坐骨神経痛の原因

image お尻の所にある梨状筋という筋肉が坐骨神経を圧迫して起こることが多いらしいのですが、腰痛を持っている人が圧倒的になりやすいのです。その他の外的な要因としては、ストレス、過労、普段やらないことをやった後など、身体に負担がかかったときにでやすいといいます。身体に負担が掛かると、筋肉にも異常を起こしてしまうことから考えると、ストレスが一番の原因になりやすいのではないでしょうか。

坐骨神経痛の治療は?

症状が出たら、まっさきに考えるのが整形外科でしょう。まずはレントゲンをとり、「う〜ん、坐骨神経痛ですね」といわれて、シップと痛み止め貰って終わり。ってパターンが多いでしょうか。ひどいと神経ブロック注射を打ちます。私がそうでしたから。個人的に整体、カイロプラクティック、接骨院などのほうがよい治療が多いです。病院に行って検査をするのは賛成ですが、そのあとの治療は画期的なものがないような気がします。ちなみに私はカイロプラクティックと接骨院で改善しました。カイロで骨盤を 矯正してもらい、後は接骨院と温泉でケアって感じです。どこも非常に効果的でした。シップよりは頼りになりましたよ。

坐骨神経痛になったらストレッチ

その後の自分で出来るケアはストレッチです。これ程、腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアに効果があるものはないでしょう。あくまでも、自分で出来る範囲ですが・・・まずどこを伸ばすかを良く考えてみてください。坐骨神経痛の時に一番伸ばしたいのは梨状筋です。ようはお尻の筋肉です。仰向けになって片足を手で引っ張って屈曲させてください。お尻が伸びているのが分かりますでしょうか?そしてそのまま上体は残しつつ下半身だけ捻ってみてください。これで腰の筋肉も伸びますね。このように原因となる腰、お尻のストレッチは欠かせません。他にも色々やり方はあると思いますが、どこの筋肉を伸ばしたか を考えながらやるのがコツです。

坐骨神経痛はストレッチして!